犬と猫を家族に

犬や猫などペットを飼いたいという人はたくさんいると思います。

一般的にはペットショップで購入するというのが当たり前になっていますが、それ以外の方法でも犬や猫を家族に迎える方法はあります。

その方法とメリット・デメリット、ポイントなどをまとめてみました。

ペットショップで購入する

だれもがまず思い浮かべるのがペットショップでお金を出して購入するということでしょう。

ペットショップのメリット

ペットショップのメリットな何といってもホームセンターや近所のペットショップで手軽に購入することができるということです。

去勢や避妊手術、ワクチンの接種などがすでに済んでいることも多く手続き面で簡便になるということが便利です。

ペットショップのデメリット

ペットショップのデメリットは希望の犬種が猫種がいない場合があるということです。ペットショップはあくまで商売ですから、人気のある種類の犬や猫を取り揃えていて、人気のない種類はほとんど置くことはありません。

また、いろんな種類を置く必要があるので、種類ごとの頭数が少ないので選択する個体が限られるということもあります。

あとは、当たり前ですがペットの購入代金が必要になるので、人気の種類になればなるほど高額になります。

ブリーダーから購入する

飼いたい種類が決まっている場合には、その種類を繁殖させているブリーダーから購入するという方法があります。

ブリーダーから購入するメリット

ブリーダーが繁殖させている犬や猫は血統がしっかりしているので、毛並みなどが良かったり、ペットショップのように小さなケージに入れられていることも少ないのでのびのびと育っている子犬や子猫が多くいます。

また、同じ種類の子犬や子猫の中から好きな個体を選べるので、本当に気に入った子犬や子猫が見つけられる可能性が高いです。

ブリーダーから購入するデメリット

希望の犬種や猫種のブリーダーを探すのがそもそも大変になります。最近はネットなどで情報もありますが、WEBサイトに力を入れていないところも多いので、見つけにくいということがあります。

また、ブリーダーはそんなにどこにでもいるものではないので、近所にブリーダーがいるとは限りません。

知人などから譲りうける

知人などの家で生まれた子犬や子猫を引き取るという方法もあります。

譲り受けるメリット

知人などから譲り受ける場合のメリットは、お金がかからない、かかっても友達価格で譲ってくれる可能性が高いという点です。

譲り受けるデメリット

そもそも自分が犬や猫を飼いたいタイミングで都合よく子犬や子猫が生まれるかどうかというのはなかなかないことです。

しかもそれが欲しい種類の犬や猫という可能性もかなり低いですね。あとは、ワクチンや去勢、避妊手術などは自己負担になるので、自分でしっかりと管理をする必要があります。

里親制度を利用

里親制度なら費用がほとんどかからずに犬や猫を家族に迎え入れることができます。

里親制度のメリット

里親制度のメリットは購入費用が必要ないので、経済的負担が少なくて済みます。

里親制度のデメリット

デメリットとしては、基本的には雑種などが多いので、血統の種類の犬や猫が欲しい場合は無理があるでしょう。

さらに里親に出される犬や猫は子供とは限らないので、成犬や成猫であることも多いです。

また、けがをしていたり、病気だったり、人になつかないという犬や猫もいます。その辺は施設のスタッフに相談すればいいでしょう。

子犬や子猫を拾う

これは偶然の産物なのですが、たまたま子犬や子猫を拾った場合にはそれを飼うかどうかは自分の意思にゆだねられます。

一匹ならいいですが、複数の捨て猫や捨て犬を見つけた場合には、施設に預けたり役所に連絡したりする必要が出てきます。

役所に届けるとほとんどの場合が保健所に行くことになってしまうので、精神的につらい思いをするかもしれません。